ブサイクがイケメンに勝つ方法は服選び「恋愛用ファッションで第一印象底上げ」

恋愛

今回は恋愛において、顔に自信のないブサイクな男性が顔のかっこいいイケメンよりもリードする方法を解説していきます。
ブサイクな男性はイケメンな男性と比べて、女性からの第一印象が見劣りがちになります。
しかし、「恋愛用」のファッションを着こなすことができれば、イケメンよりも格段に第一印象が良くなります。

ブサイクがイケメンに勝つ方法は服選び「恋愛用ファッションで第一印象底上げ」

結論、顔に自信のない人は「恋愛用のファッション」を着こなすことで、第一印象でイケメンを出し抜くのが可能になります。

まず、そもそもの話、モテない原因は顔のせいではありません。

確かにイケメンと比べると、顔に自信のない人は第一印象は見劣りがちです。

しかし、女性が重視するのは「顔」ではなく「清潔感」にあります。

つまり、恋愛用ファッションとはこの「清潔感」を重視したファッションであり、「清潔感」を底上げすることによって、ブサイクな男性でも第一印象でイケメンに負けないレベルにアップ可能となります。

ファッション雑誌は参考にならない「清潔感重視ではない」

実は恋愛において、ファッション雑誌は全く参考にはならないです。

この理由として、ファッション雑誌は基本イケメンモデルを採用しており、このイケメンモデルが着こなしていても、顔に自信のない男性が着こなすことが出来ないからです。

ファッション雑誌に採用される男性はいずれも一般の人よりイケメンです。

基本イケメンの人はよっぽどダサい服ではない限り、女性からの第一印象は高いです。

それは「容姿が整っている=清潔感がある」という印象が先行し、ファッションに目がいきにくいからです。

なので、ファッション雑誌の服自体に清潔感がある訳ではないので、恋愛においては参考にならないのです。

恋愛用ファッションは清潔感重視「配色を意識した服選び」

ここで恋愛用ファッションに関する具体的な内容をお伝えしていきます。

まず、恋愛用ファッションは「配色」を意識した服選びをすることが重要です。

結論を言ってしまうと、恋愛用ファッションで一番女性ウケが良い配色は「1ポイントだけ派手な色をチョイス」することです。

まず、よく恋愛で着ていく服を「すべて無難な色」にする人が多く見られますが、これは大きな間違いです。

「無難な色」とは「黒、茶、グレー、紺」などの暗めの色がメインであり、どちらかと言えば「派手」ではない色合いです。

これら無難な色ばかりを選択してしまうと、女性から「おじさんっぽく見えて清潔感がない」印象を与える可能性があり、更には「根暗っぽい」という印象も与えかねません。

かといって、赤やオレンジ、水色などの「派手」な色ばかりでは女性から奇抜すぎて引かれる可能性もあります。

なので、「1点だけ派手な色を選ぶ」のが良いです。

例えば、暗い系の色は黒のジーンズやグレーのジャケットを選び、明るい色は赤やオレンジなどを混ぜます。

そうすることで、「根暗っぽい」という印象は無くなりますし、派手な色が1点あるだけで「清潔感」を女性に感じさせることが出来ます。

清潔感のある服装は重要「細部にまでこだわる」

ところで「清潔感」という言葉をよく挙げていましたが、清潔感とはあくまで「外見で判断されるモノ」となります。

外見で判断されるモノなので、「俺は毎日シャワーを浴びて清潔だ」とか「毎日洗濯して服は清潔にしている」などはあまり意味がないのです。

もちろん、体臭や服が臭ったりするのは論外ですが、清潔感とは「外見で判断される」ので、仮にシャワーや洗濯をしていなくても女性に気づかれなければ良いのです。

それよりも重要なのは「細部にまで気を遣う」ことです。

例えば、「服に毛玉がたくさん付いている」「服にシミが付いている」などが見られてしまうと、いくらしっかりと洗濯していても「不潔」と見られやすくなってしまいます。

先ほど挙げた「無難な服」についても同様に、毎日洗濯してたとしても、「服がじじくさそう」「古着っぽそう」という印象を与えてしまえば「不潔」に分類されてしまうのです。

その為、派手な色を入れて古着っぽさをなくしたり、常に服装はシミや毛玉がない状態にして「細部にまでこだわる」ことで、清潔感を演出することが出来る様になります。

ブサイクがイケメンに勝つ方法はファッション「色は3つまでに抑える」

「清潔感のある服装」が恋愛用ファッションと言えるでしょう。

だからと言って、沢山色を入れれば清潔感が上がる訳ではありません。

基本、色は3つに抑えることが重要です。

私の恋愛仲間の話ですが、6色くらいのカラーを混ぜた服装で合コンに臨んだ年下の男の子がいました。

合コンは私の妻と共に主催をしており、参加女性は全員妻の友人だったので、試しにその年下の男の子のファッションについて聞いてみました。

すると、以下の様な回答がありました。

『なんというか、ちょっとくどいなって思いました。
本人は別に物静かなタイプで絡みやすかったですけど、ファッションがうっとおしい感じだったので、絡みづらかったです。(30代女性)』

 

この回答にもある通り、服装が色んなカラーで混ざっていると、女性から「うっとおしい」と感じられやすくなります。

「うっとおしい」と感じられたら、第一印象は下がってしまいます。

その為、色を3つに抑え、なおかつ「暗い」「派手」「暗い」の順に着こなすのが良いでしょう。

間に挟むことで「派手」な色がいい意味で目立ち、清潔感が露わになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました